2015 3月

Mac OSX Yosemite のXamp5.6.3でメール送信

長野県 WEB制作

こんにちは。

今回は、Mac YosemiteのXamppでPHPからメール送信可能な状態に設定します。

MacにはPostfixが予めインストールされているため、
Gmailを使って簡単設定でメール送信サーバを構築します。

Postfixの設定

まず、Postfixの設定をすすめていきます。

デフォルトのチェック

ターミナルで下記のコマンドを実行します。
エラーメッセージが出なければ問題ありませんです。

$ sudo postfix check

リレーサーバーを設定

メールを送信出来るようにするため、外部のメールサーバー(この場合はGmail)へリレーする設定を追加します。
postfixの設定ファイルをいじります。

$ sudo vi /etc/postfix/main.cf

下記の内容を最下部に追記

relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes 
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtp_use_tls = yes
tls_random_source=dev:/dev/urandom

sasl用のパスワードファイルにGmailのアカウントを追記

Postfixからのメール送信をGmail経由にて送るため、sasl用のパスワードファイルにGmailのアカウントを追記します。

$ sudo vi /etc/postfix/sasl_passwd

上記コマンドで作成されたファイルに下記内容を追記

[smtp.gmail.com]:587 アカウント名@gmail.com:パスワード

作成したファイルにpostmapコマンドを使って、アカウントのテーブルファイルを作成します。

# sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd

設定ファイルのチェック&再起動

$ sudo postfix check
$ sudo postfix reload

送信テスト

メールの送信テストを行います。
正常に送信出来ない場合は、上記までの手順を見なおしてください。
ちなみにログ・ファイルは → /var/log/mail.log

$ date | mail -s test アカウント@gmail.com

Xamppの設定

あとはXamppの設定をして、メールを送信します。

php.iniの編集

sendmail_path を変更します。

; For Unix only.  You may supply arguments as well (default: "sendmail -t -i").
; http://php.net/sendmail-path
;sendmail_path =
sendmail_path = "env -i /usr/sbin/sendmail -t -i"

送信テスト

最後にメールの送信テストプログラムを実行します。

<?php
if (mail("example@example.com", "TEST MAIL", "This is a test message.", "From: from@example.com")) {
  echo "メールが送信されました。";
} else {
  echo "メールの送信に失敗しました。";
}

Lineの脆弱性について

2015/03/16 にLINEの脆弱性の対応が完了したと発表がありました。

脆弱性の内容は、Android、iphoneの両アプリで、アプリ内の「その他」にあるページを開いたり、メッセージ・タイムラインに記載されたURLにアクセスしたりした場合に、LINE内のトーク内容・友だち一覧などのデータが取得・改ざんされる可能性があったというものです。

LINEは詳細を公表しておりませんが、今回の脆弱性は「クロスサイト・スクリプティング」と「マン・イン・ザ・ミドル(中間者)」と呼ばれるサイバー攻撃の標的になる複数の脆弱性で、LINEがインストールされている「iPhone」や「Android」搭載の主要なスマートフォン上で確認されており、多最新版にアップデートされていなければ現在も危険な状態です。

LINEは登録ユーザー数が5億人を超えており、実利用者数1.7億人を超えているアプリです。

このユーザー数を抱えているアプリが、初歩的なセキュリティ対応を行っていなかったことにとても驚いています。

android、iosともに現在リリールされているアプリが多数がありますが、中にはセキュリティ対策が万全ではないものが多数をしめているかもしれません。
アプリ内で使用する情報に関して、最低限の情報を入力するなどで自己防衛で対処していくしかありません。

弊社では、WEBアプリケーション、スマートフォンアプリケーションともに、セキュリティ対策を万全に行うよう体制と整えております。

Seleniumを使用して、テストの自動化に挑む!JUnit編

こんにちは!

糖質制限ダイエットの成果が徐々に出てきて調子にのってる遠藤です。

今回はSelenium&JUnitを使ってFirefox、Chrome、Safariのブラウザテストを実施します。

続きを読む »

SwiftでGmailにSMTP接続でエラー

こんにちは

 

ローカルマシンのXampp環境でGmailアカウントを使用して、

Swiftでメールを送信したら、こんなエラーがでました。

SwiftMailer SMTP TLS OpenSSL Error SSL3_GET_RECORD:wrong version number

原因は、PHP5.6からクライアントストリームで、ピア検証がデフォルトで有効になったためです。
今回はローカルマシンでの対応なので、verify_peerをfalseにして送信してしまいます。

修正箇所は、Swiftのファイルを直接修正します。

対象ファイルこれ↓
ib/classes/Swift/Transport/StreamBuffer.php

263行に付近をこんな感じに修正します。

if (!empty($this->_params['sourceIp'])) {
    $options['socket']['bindto'] = $this->_params['sourceIp'].':0';
}
$options['ssl'] = ['verify_peer' => false];// これを追加
$this->_stream = @stream_socket_client($host.':'.$this->_params['port'], $errno, $errstr, $timeout, STREAM_CLIENT_CONNECT, stream_context_create($options));
if (false === $this->_stream) {

これでとりあえず遅れるようになります。

長野県内広域の停電に伴う業務について

本日未明から長野県内広域で停電が発生しており、業務ができない状態です。

無停電装置UPSのバッテリーも終わり、本日の業務は停電復旧後から順次対応させていただきます。

ご迷惑おかけして申し訳ございません。

ご理解の程宜しくお願いいたします。

 


AM9:00過ぎに電源が復旧いたしました。

弊社社内サーバー等の動作確認、普及作業を進めさせていただきます。

何卒宜しくお願いいたします。