覚え書き

MacでPleiadesを使ってEclipseを日本語化する方法

Javaを中心に、様々な言語での開発に使われてるeclipse。

日本語に対応するため、今回はPleiades というプラグインを使用しMacのEclipseを日本語に対応させます。

WindowsではPleiades All In OneというEclipseを同梱したパッケージが配布されています。

Pleiades All In Oneは日本語化しているだけではなく、ほぼ必要なプラグインがあらかじめそろっています。

ここではMacでPleiades All In Oneを使う方法を紹介します。

1.Eclipse インストール

Eclipseの公式サイトからEclipse IDE for Java EE Developers Mac OS X 64 Bitをダウンロード

https://eclipse.org/downloads/

Eclipse Downloads

Eclipse downloads   mirror selection

ダウンロードファイル、eclipse-jee-luna-SR1a-macosx-cocoa-x86_64.tar.gzを解凍後(eclipseフォルダが出来上がる)、任意のフォルダに移動します。

(アプリケーションフォルダあたりで。)

 

2.Pleiades Eclipse ダウンロード

Windows用のAll in One をダウンロードします。

ダウンロードするのは64bit Ultimate Standard Editionです。

(開発言語に合わせて自由に選択OK)

あとで必要なファイルをここから抜き出します。
Pleiades   Eclipse プラグイン日本語化プラグイン   MergeDoc Project 日本語化 Eclipse 4.4 Luna ルナ   MergeDoc Project2

 

ダウンロードしたファイル、pleiades-e4.4-ultimate_20140926.zipを任意のフォルダに解凍します。

3.Pleaides All In One Eclipse 導入

解凍したPleiades All In One EclipseのdropinsフォルダをMac版Eclipseフォルダの同名のフォルダに上書きする。

※補足

Eclipse 4.4 では、プラグイン・リソースをこの「dropins」ディレクトリの中に格納し、Eclipse を起動するだけで、プラグインがインストールされます。

しかも、Eclipse を起動する際は、Eclipse 3.3 以前では必要だった「-clean」オプションが不要です。

4.設定ファイル書き換え

eclipseフォルダ内のEclipse.appのコンテキストメニューを表示させ(右クリック)、

パッケージの内容を表示を選択

9fb49f06c325ce1d1a1f3fd69b13343a

開いたフォルダからContents → MacOSと開いて、eclipse.iniをテキストエディタで開いて編集する。

c0414c2c44dd62e9f9503e61f523b2b8

最終行に以下の一文を追記する。

-javaagent:../../../dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

 

5.Eclipse起動

Eclipseを起動します。Pleiadesのスプラッシュ画面で立ち上がれば成功!

ワークスペースを選択するウィンドウが日本語になっているはず!!

スクリーンショット 2015-02-03 14.00.30